サイトトップ 前の画面に戻る
  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する
2010.01.19.更新

第58回 そこが私の、指定席。 ☆席選びと性格☆



いきつけのお店で、教室で、飲み会で、コーヒーショップで。
日常生活の中で、空いている中から自由な席を選ぶ場面ってけっこうありますよね。
でも、はじめての場所に行っても、選んでいる席はいつもなんとなく同じ場所
…そんなこと、ありませんか?

そんな身近な場所での席選びにも、実はアナタの性格が反映されているんです!
さあ今回も、自分の中の隠されたキャラ、見つけてみましょ☆



映画館で、キャラ推察。

身近な場所での席選び、ひとつめは“映画館”。
2001年、イギリス最大の映画館チェーン、オデオン・シネマが、
映画館の座席の選び方によって、その人の性格が分かるとする心理学者の研究結果を発表。
心理テスト風にアレンジしてみましたので、ぜひお試しを!


映画を観に行ったアナタ。好んで座るのは、①~④のうち、どの席?

それでは、結果。
映画の主人公にたとえられているのが、映画館チェーンの調査らしい!

①前列の座席に座る人
外向的で自己主張に優れ、強い競争心の持ち主。一人で映画を見るのを好まない、持って生まれたリーダー型のこの人物は、
『エリン・ブロコビッチ』('00)でジュリア・ロバーツが演じた主人公エリン・ブロコビッチのような人。

②中央部に座る人
柔軟性にあふれ、穏やかな性格の中庸の人。
ニコラス・ケイジが『コレリ大尉のマンドリン』('01)で演じたコレリ大尉などがこれにあたる。

③通路側に座る人
無関心な傍観者タイプ。人ごみやトラブルを避けたい、心理的スペースを保ちたい、という人が多い。
『恋愛小説家』('97)でジャック・ニコルソン演じるメルヴィン・ユドールがこの型の典型。

④一番うしろの席に座る人
スリル好きで、反抗的な性格の人物。
『エイリアン』('79)シリーズのシガニー・ウィーバー演じるリプリーなどがこれにあたる。

前の画面に戻る
  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する

最近の記事

第76回 遠恋は実りにくい!?☆ボッサードの法則&単純接触の原理☆ 05.25.
だから、遠距離恋愛ってムズカシイ。でもそのココロを探ると、遠恋を乗り越えるためのヒントも見えてくる!
第75回 子の性格は、親が作る!?☆養育態度による性格形成☆ 05.18.
アナタのその性格、いろんな意味で“親譲り”だって知ってました?親の育て方による子どもの性格への影響、わかりやすく説明してます!
第74回 信じていいの、この占い。☆バーナム効果☆ 05.11.
占い好きの人も、そうじゃない人も!アナタの性格をズバリ当てちゃう不思議に迫ります!
第73回 それはきっと、妄想の愛。☆ストーカーの心理☆ 05.04.
どんな人がストーカーになりやすい?どんな心理でその行為をはたらくの?実は他人事じゃ、ないんです。
第72回 上司と部下のエレジー。☆職場でのストレス☆ 04.27.
職場にいる限り避けられない、上司と部下の複雑な上下関係。ぶっちゃけ、苦労が多いのは上司と部下、どっち!?