サイトトップ 前の画面に戻る
  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する
2009.12.01.更新

第51回 元カレ・元カノを、忘れられる? ☆心理的リアクタンス☆


今から、シロクマのことだけは、絶対に考えないでください。
シロクマの姿を思い浮かべるのはもちろん、「シロクマ」という単語もダメ。
いいですね、絶対ですよ!


今年も残すところ、あと1ヶ月。
年末になると、忘年会について考えたり年賀状を書いたりと、
やるべきことがたくさんありますが、忘れちゃいけないのが大掃除!
気持ちよく新しい年を迎えるための必須行事。
でも、今年使わなかったら捨てよう、なんて思いつつ、
結局毎年捨てられないものがけっこうあったりしませんか?

そんな、なかなか捨てられないもの。実は、ココロの中にもあるのでは!?
たとえば、元カレや元カノとの思い出。
「忘れられればラクなのに」という気持ちに反して、
モヤモヤした感情に居座られ続けられちゃっているアナタ。
この年末は、ココロのお片付けにもちょっと挑戦してみませんか?

忘却曲線に従えば…

誰しもひとつやふたつは“忘れてしまいたい過去”があると思いますが、
でも一方で、「思い出したいのに思い出せない!」ってこともたくさんありますよね。
(むしろ最近こっちのほうが多いのは、私だけ?)

ちょっとこちらの表を見てください。
これは、自分にとってネガティブな出来事をどれだけ覚えているものかをグラフにした、
“忘却曲線”と呼ばれるもの。

このグラフからわかるように、人はイヤな経験や悲しい経験をしたとき、
3ヶ月目まではその経験に苦しまされるけれど、
3ヶ月を過ぎたあたりからそのことに対する記憶率が一気に下降。
そして、半年後にはたいがいのことを忘れてしまう
のです。

つまり、本来ヒトってのいうのは、つらい出来事でも時間とともに忘れていく、
都合のいい機能を備えた生き物のハズ。
なのに、忘れたいことに限って忘れられないってのは、どういうことなんでしょうか?

シロクマが頭の中を…!

ここで紹介したいのが、ウェグナー氏が行ったある有名な心理実験。
集めた人を3つのグループにわけて、シロクマの1日を追った映像を見せます。
なぜシロクマの映像?実はこれには深い意味はナシ。
シロクマは心理学的に特に何の意味ももたない動物なので選ばれただけ。

そして、見終わったあと、それぞれのグループに対して、こんな指示を与えます。
グループ1「シロクマのことを、ちゃんと覚えておいてくださいね。」
グループ2「別にシロクマのことは、考えても考えなくても、どっちでもいいです。」
グループ3「シロクマのことだけは、絶対考えないでくださいね。」

さて、時は流れて1年後。
シロクマの映像の内容を一番克明に覚えていたのはどのグループだったでしょう?
答えは、グループ3!「絶対考えないで」と禁止されたグループでした。

要するにワタシたちには、「忘れたい、忘れなきゃ」と思考を抑制しようとすると、
かえって思考が活性化してしまうという皮肉な機能が備わっている
ようなんですね。
実際、今回冒頭で「今から、シロクマのことだけは、絶対に考えないで」とお願いしましたが、
まったくシロクマのことを考えないってことは不可能に近かったんじゃないでしょうか?
書いた私自身、何度、シロクマが頭の中を駆け抜けていったことか…。

考えまいとするほど考えてしまう。忘れたいと願うほど、忘れられなくなってしまう。
この現象を“心理的リアクタンス”と呼ぶんですが、
これがある限り、忘れてしまいたい過去を忘れるというのは、相当難しいことなのです。

前の画面に戻る
  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する

最近の記事

第76回 遠恋は実りにくい!?☆ボッサードの法則&単純接触の原理☆ 05.25.
だから、遠距離恋愛ってムズカシイ。でもそのココロを探ると、遠恋を乗り越えるためのヒントも見えてくる!
第75回 子の性格は、親が作る!?☆養育態度による性格形成☆ 05.18.
アナタのその性格、いろんな意味で“親譲り”だって知ってました?親の育て方による子どもの性格への影響、わかりやすく説明してます!
第74回 信じていいの、この占い。☆バーナム効果☆ 05.11.
占い好きの人も、そうじゃない人も!アナタの性格をズバリ当てちゃう不思議に迫ります!
第73回 それはきっと、妄想の愛。☆ストーカーの心理☆ 05.04.
どんな人がストーカーになりやすい?どんな心理でその行為をはたらくの?実は他人事じゃ、ないんです。
第72回 上司と部下のエレジー。☆職場でのストレス☆ 04.27.
職場にいる限り避けられない、上司と部下の複雑な上下関係。ぶっちゃけ、苦労が多いのは上司と部下、どっち!?