サイトトップ 前の画面に戻る
  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する
2010.04.06.更新

第69回 男と女、そして、嘘。☆ウソの男女学1☆

男と女のウソは、ココが違う!

じゃ、男女のウソに対する感覚に差がないのかというと、そうでもない!
ということで、3つめのテーマ。
どこが違う?男のウソ、女のウソ。

渋谷氏は、先ほどのウソへのイメージを聞く質問とともに、
ある心理検査の中から抜粋した“lie scale”15項目を実施。
このlie scaleはウソを測る尺度で、点数が高いほどウソつき度合いが高い、と判定するもの。
そして、このlie scaleの結果と、先ほどの①~④のタイプ分けを組み合わせてみると、①否定タイプにおいて、lie scaleの得点が明らかに高いという結果が!

つまり、ウソは悪い!という人ほど、実はウソつき、だということ。
しかもおもしろいことに、この特徴が見られるのは、女性だけ
なぜ、こういうことがおこるのか。いくつかの解釈が考えられていますが、有力なのは以下の2つ。

まずひとつめの解釈。
ウソつきな女性は、ウソをそんなに悪いと思っていないけど、「ウソは悪い!」とウソをついている。
ふたつめの解釈。ウソを否定する女性は、ウソを悪いと思っているから、ウソをついた経験を隠そうとする。その結果、「私はウソをつかない」というウソつきになる。

や…ややこしい!ウソつきが主役なだけに、なんだかひどく複雑な話にみえますね…。
さっきの結果とともにまとめると要するに、

ウソを悪いと思う気持ちに男女差はあまりなく、
どちらも、「ウソ=悪いもの」という気持ちはそんなに高くない。
ただ、男性が割り切ってウソをつくのに対し、
女性は、ウソをつく人ほどウソを隠したがり、「ウソはダメ」と建前を述べたがる。

こういうことのようです。
さらに、男と女では、どんなウソをつくかにも大きな違いが…!
でも残念ながら、今回は時間切れ。その解明は、また次回。どうぞお楽しみに☆



最初にも言ったように、ウソという言葉はかなり広義。
アメリカの映画会社や、心理学者の渋谷氏が行った調査は、
ウソはウソでも、悪質な欺瞞ではなく、日常の軽いウソについてのもの。
人をいたずらに傷つけるようなウソに関しては、上記の結果はあてはまりませんのであしからず。

ってか、そんなウソはさすがにダメです…。


前の画面に戻る
  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する

最近の記事

第76回 遠恋は実りにくい!?☆ボッサードの法則&単純接触の原理☆ 05.25.
だから、遠距離恋愛ってムズカシイ。でもそのココロを探ると、遠恋を乗り越えるためのヒントも見えてくる!
第75回 子の性格は、親が作る!?☆養育態度による性格形成☆ 05.18.
アナタのその性格、いろんな意味で“親譲り”だって知ってました?親の育て方による子どもの性格への影響、わかりやすく説明してます!
第74回 信じていいの、この占い。☆バーナム効果☆ 05.11.
占い好きの人も、そうじゃない人も!アナタの性格をズバリ当てちゃう不思議に迫ります!
第73回 それはきっと、妄想の愛。☆ストーカーの心理☆ 05.04.
どんな人がストーカーになりやすい?どんな心理でその行為をはたらくの?実は他人事じゃ、ないんです。
第72回 上司と部下のエレジー。☆職場でのストレス☆ 04.27.
職場にいる限り避けられない、上司と部下の複雑な上下関係。ぶっちゃけ、苦労が多いのは上司と部下、どっち!?